中小の運送業者も含め、約22万社が対象になる。

 長時間労働の抑制などトラック運転手の待遇改善に向け、国土交通省は、運送業者が荷主と契約を結ぶ際のルールを見直す。 荷待ちのための「待機時間料」や、荷物の積み込み作業に対する「積み込み料」など、運送以外の作業で発生する料金を契約書に明記する仕組みに改める。

罰則に関する記述が無いようですが、 実態が伴わないと意味がありませんよ。
違反した場合や不履行の場合の罰則を設けてほしい今でも待機料や特別作業料は設定されていても「今回だけだから」とかで平気で踏み倒そうとする人はいる大至急改善してあげて下さい。待機料や積み込み料荷主から貰っても会社が得するだけでドライバーには還元して貰えないと思う。ドライバーが積み込み待機してるんやからドライバー還元料も明確に義務化して欲しい。
トラックを持たないミズヤがいる限り無理です。是非とも強制力がある様に罰則等も設けて下さい。改善で上がった収益は近い未来、自動運転に吸収されないように、末端ドライバーの収入に反映される仕組みを織り込んで下さい。
明確にしても、運賃に上乗せされるかは?荷主が全力で値切り、元請けが全力で抜いて、結果アンダーがフラフラになるだけの話よ運送会社へ還元されるだけでしょ運ちゃんまで行き渡らない